投句集

2012年12月
 父が来て話すことなく冬の雨    
 雪の朝誰が足跡おいていく     
 庭の柿ひとつひとつに名をつける  
       (東京都港区 熊倉省三さん)
2013年1月
 南国は犬も頓く秋の宵
 渋柿やごろんと寝入る四畳半
 枯桜園児がひとり凝視する
       (東京都港区 熊倉省三さん)
 
 

戻る